高橋孝輔

works_takahashi5

works_takahashi3


高橋孝輔

愛知県立芸術大学大学院修了。名古屋ピアノ調律センター音楽教室、並びに名古屋音楽学校にて講師を勤める。1993年3月名古屋にてデビューリサイタルを開催し、同年5月に渡欧。ドイツ・ハノーファー音楽演劇大学卒業後、1999年10月からはハンガリー国立F. リスト音楽院にて更なる研鑽を積む。大堀敦子、Lehel Both、Bernd Goetzke、Kornél Zempléniの各氏に師事。
ヨーロッパ滞在中には、ソロと並行してアンサンブルにも力を入れ、意欲的な演奏活動を展開。また、1998年第7回Ibla Grand Prize国際音楽コンクール・ピアノ部門にて第4位、並びに武満徹作品演奏に対する特別賞を、1999年第1回Liszt=Bartók国際ピアノコンクールにて第1位を、2000年第11回ローマ国際ピアノコンクールにてディプロマを獲得し、ETPA(European Piano Teachers Association)主催による “国際コンクール受賞者コンサート” にも出演した。
8年半に亘る留学を終え、2001年秋に帰国。翌年4月に名古屋でソロリサイタル開催。2003年に活動拠点を関西へ移してからも、ソロリサイタル開催を中心に、歌曲伴奏者や室内楽奏者としてはもちろん、サロンコンサート、レクチャーコンサート講師、鍵盤楽器奏者としてのオーケストラ客演など、各種団体・自治体企画による演奏会へも多数出演。コンクール審査員としても活躍。
現在、京都光華女子大学短期大学部准教授、同志社女子大学学芸学部音楽学科嘱託講師。 公益財団法人日本ピアノ教育連盟会員。